何をしてもらえるの?

「頼れる街の法律家」とも称されることのある行政書士。しかし,何をしてもらえるのかよくわからないという疑問を持たれる方は相当数いると思います。

行政書士法を紐解くと,「行政に関する手続の円滑な実施に寄与するとともに国民の利便に資し,もって国民の権利利益の実現に資することを目的とする」とあります。更に他の法律により制限されない範囲で「行政書士は,他人の依頼を受け報酬を得て,官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。」とか「作成することができる官公署に提出する書類を官公署に提出する手続」の代理もすることができる等と規定されていて,行政書士の業務は守備範囲が大変広いという特徴があります。

このため,お悩み事については先ずはお近くの行政書士にお問い合わせし相談されてもよろしいのではないでしょうか。内容によっては,隣接する法律家(弁護士,司法書士,税理士,社会保険労務士 等),更には専門の行政書士との連携や橋渡により,一刻も早いお悩みの解消をしてもらえるのではないかと思います。

当事務所の担当分野は以下の通りです。

  • 法人設立許認可:法人設立,宅建業,建設業,飲食業,その他
  • 市民法務:契約書等法務,遺言作成,遺産分割協議書作成,その他
  • 国際業務:在留許可(技人国 認定,変更,更新),就労資格証明,その他
  • 経営支援:業務・プロセス改善,品質管理,人材育成,就農 等のコンサル

お問い合わせ